育毛ケア 治療薬の副作用

AGA治療薬の副作用の怖さ

 

どうもtakaguroです。

 

最近記事でよく育毛ケアについて書くことが多いです。

 

takaguroも育毛ケアとしてタバコやアルコールは控えています。

 

それ以外にも適度な運動やしっかりとした睡眠を取る事を意識して生活をしています。

 

もちろんAGA治療薬も使っています。

 

AGA治療薬とは

 

男性型脱毛症の治療の薬のことです。

 

AGA治療薬には大きく分けて2種類あります。

 

外用薬と内服薬です。

 

簡単にいうと塗り薬か飲み薬の違いですかね。

 

takaguroは外用薬を使っています!!

 

まだ禿げていないので、予防として使っている感じです。

 

男なら薄毛を気にする方が多いはず、一度は薄毛に関して調べた事はないだろうか?

 

AGA治療薬について調べているうちに恐ろしい副作用があることに衝撃を受けた!

 

塗り薬の副作用

ミノキシジル

ミノキシジルは、もともとは高血圧治療薬として開発された薬です。多毛の副作用がみられたため、薄毛治療薬として研究が開始され、現在では薄毛治療薬として厚生労働省の認可を得ています。日本では外用薬しか認可されていません。

ミノキシジルは、髪を生み出す毛包を活性化させることで、髪の生え変わりのサイクルを正常化します。副作用は、ヘアサイクルの初期に抜け毛が増える初期脱毛やかゆみ、アレルギー反応などです。内服薬は、全身の毛が太くなる、むくみ、動悸、めまい、低血圧などの副作用があります。

 

飲み薬の副作用

・フィナステリド

フィナステリドは、ノコギリヤシという植物の成分を研究し開発された成分で、AGAだけではなく前立腺肥大やニキビにも効果が期待できます。AGAを引き起こすジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと頭皮の5αリダクターゼが結合したものです。フィナステリドは、5αリダクターゼII型を阻害することで、結果的にジヒドロテストステロンの生成を抑えます。

その結果、ジヒドロテストステロンによるAGAの進行が抑制されるのです。

フィナステリドの副作用は、性欲減退や勃起不全、射精障害、精液量の減少、睾丸痛、かゆみ、じんましん、発疹、抑うつ、めまいなどさまざまです。

 

ミノキシジルは発毛を促進する薬

フィナステリドは抜け毛を減らす薬といった感じです。

副作用を見て怖くないですか?

 

takaguroは副作用を見て震えました。

飲み薬の方が副作用として怖いですね!!

子供が欲しい方や若い方はあまり使わない方が良いかもしれないですね。

などで薬に頼らなくても良いようにタバコやアルコールを控えましょう

 

副作用の確率も低く

プロペシア

臨床検査では、性欲減退が1.1%、勃起不全が0.7%でした。また、実際に使用されてから行われた使用成績調査では、性欲減退が0.2%、肝機能障害が0.2%となっています。副作用が起こる頻度は、あくまでも参考程度のものです。

 

ちゃんとした病院で出していただくにはあまり心配しなくても良さそうです

個人で海外から輸入して使う方もいるそうですが、不純物など入っているそうなので危険です。

安く買えるかもしれませんが、病気になったり副作用の出る確率が上がるかもしれませんので病院に行きましょう!!

 

なるべく薬に頼らなくても良いように育毛ケアしましょうね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代男性)へ
にほんブログ村